武庫川一文字でフカセチヌを爆るw(前編)

武庫川渡船でチヌ爆!

この日はカップリングカップですが

大会の様子は前回の記事で紹介させていただきました

今回はうささんの釣りの様子をお届けします

大会の詳細はコチラをご覧ください

 

www.usasan-turi.info

 

 

釣り場に到着

武庫川渡船は東のカーブ付近より2~西に向かって6番まであります

 

うささんは始めに船が着く2番で降りて少し東側の内向きで竿を出しました

とても人が多かったのでここしか空いてなかったのですww

 

大会のスタッフでもあるので

早く帰らないとダメなんす

ギリに帰ってもいいけど片付けが後回しになるのでそれもあってね

実釣時間は3時間半ってところかな?

釣れる気がしないww

ほぼ時間つぶし感覚でしたよ〜

 

広告

 

釣り開始〜

ひよこさんと2人並んでおしゃべりしながらのんびり準備します

 

水深がかなり深いのでウキは1号

釣研の征黒です

 

 

チヌはどのタイミングで食う?

 

タナは底で根がかりした辺りから半ヒロほど浅くしたところですが

何故底ベタではないのか?

 

よくチヌはサシエサを底に這わせておけば釣れると言われますが

持論ですが底にエサを置いておいてもチヌは簡単に食わないと考えてます

 

何かの拍子にエサが浮き上がったり動いた時に食うんだと思ってます

 

チヌの目の位置は横より少し上でしょ?

底のエサをつつく魚は目の位置が下についてますよ

なのでチヌは泳ぎながら目線より上方向のエサを探してるのだと思ってます

 

落とし込みだとめっちゃ釣れるでしょ?

フカセでもエサを落としたり動かしてる時に食ってくるでしょ?

ダンゴなら割れて中からエサが飛び出たタイミングで食ってくるでしよ?

 

なのでうささんはやはりエサを動かして上下に釣ったほうが良い様に思いますよ

 

水深が浅い釣り場ならチヌでもウキ止め付けずにスルスルで探ります

上から落ちてきたエサが1番反応が良いと考えてますからそ~します

 

あくまでグレ釣りを経験した上での目線で見たうささんの持論ですw

 

釣りの考え方は人それぞれ

その人が正解と思う釣り方で釣りすればいいんだと思います

 

話がそれましたね

 

広告

 

底付近でエサを合わせる

 

どうも潮の流れが複雑な感じ

沖に遠投しても手前に戻されてきます

手前の流れは横方向に緩い潮で表層と下層が逆に流れる2枚潮

沖から手前にぶつかる辺りで泡が…

ポイントはその辺でしょうか~

わかんないけどww

 

そしてエサを取るのは子サバ

これはなかなかの地獄モードですぞww

幸い10数メートルの底まではサバが追ってこない

 

ならばこの複雑な流れを利用

〇仕掛けは沖に遠投してサバを回避

〇マキエは手前のかけ上がり付近、潮の流れを考慮しての少し潮上にドカ撒き

(サバはそのマキエの辺に溜まってます)

〇底付近でマキエとサシエが再会するイメージ

そして良型ゲット!

 

それがうまくいきました

そう、うまくいったから偉そうにこんなこと書いてるんです(笑)

そう言えば土佐藩の日記さんに言われましたよ

釣ったときは調子に乗って良いんだと(笑)

 

なかなかの強い引きを楽しませてくれます

グイ~~~ンと竿が曲がります

そしてそれを自分で撮りますww

 

f:id:usasan-isoturi:20190714194559j:plain

 

タモに収まったのは40後半の良型です

嬉しい〜

だって釣れると思ってなかったもん

 

f:id:usasan-isoturi:20190714194640j:plain

 

おしゃべりして1日終わると思ってただけにある意味期待を裏切られましたw

釣れたのはマルキューの食い渋りイエロー

 

タナは7ヒロ半くらいかな?

ちなみに荒食いブラウンでは全く反応なかったです

濁った海の色にはブラウンは目立たないのでしょうね

白を持ってきてもよかったかな

 

活かしバッカンに入れてから再度同じ攻め方

数投したらまた来ました!!

しかも前の子より強い!

全然底切れません

深いタナで掛けた時って重戦車みたいな引きしません?

浅いタナだと軽装甲車って感じ?

わからんってかww

 

f:id:usasan-isoturi:20190714194918j:plain

これは50ありそうです

活かしバッカンが窮屈なのでストリンガーに

 

そして気がつくと脱走してましたw

まあ気にしないですけど〜

 

安いストリンガーだとバネが弱るんですね

良いの買ってこよう

 

 さて、まだ半分経過しただけなのですが

あまり記事が長くなるのも飽きてしまうと思いますので

この辺りで後編に続きます

最後までご覧いただきありがとうございました

次回もよろしくお願いいたします

 

このままでは終わらな~~~いw

 

f:id:usasan-isoturi:20190714195848j:plain