絶品!釣った魚を熟成させるのは意外と簡単?魅力を紹介

釣った魚で熟成魚を作って美味しく食べよう

f:id:usasan-isoturi:20190722220742j:plain


 

魚を釣ったらやっぱ新鮮なうちにお刺身でいただきたいってのは

大体の皆さん共通の思いですよね

 

あっ、中には生物苦手な方や火を通す方が好きとか、

釣るのは好きだけど魚自体苦手だとか

人それぞれありますが、あくまで一般的の話です

 

でも新鮮なものでも持ち帰ってから2〜3日くらいでしょうか

それより日が経つとちょっと大丈夫かな~って心配になってきますね

 

でも本来は魚は釣ってすぐよりも少し寝かせた方が断然美味しいんですよ

 

広告

 

美味しくなる仕組み

釣ってすぐ食べると身は歯ごたえがあっていかにも新鮮!って感じですが

イマイチ旨味は感じませんよね

 

魚は死んでから徐々にイノシン酸って~旨味成分が出てきます

詳しく言うと死後、身にあるATPっつ~成分がIMPっつ~成分に変化

このIMPっつ~のがイノシン酸、旨味成分っつ~ことです

 

寝かせる事によりこのイノシン酸を増加させて旨味を引き出すわけですね

ただ腐敗に近づいていくことは把握しておいてください

 

不向きな魚

鮮度の低下が早い魚は素人では熟成か腐敗かの判断がつきにくく

別の中毒症状など危険が伴うので

サバ・サワラ・アジなどは避けた方が良いです

ヒスタミン中毒など引き起こすと怖いですからね

 

魚を準備

f:id:usasan-isoturi:20190722220837j:plain

魚を用意しますが

スーパーに売ってる魚でもできなくはないのですが

魚が死んだ時間や締め方、内臓をいつ処理したのか等々

鮮度維持のための情報が少なくて最適な熟成は難しいです

一番はやはり自身で釣る、もしくは釣ってきた魚をもらう事でしょう

釣った魚の締め方についてはコチラで動画付きで紹介してますので参考にしてください

 

www.usasan-turi.info

 

広告

 

熟成魚を作ろう

クーラーに入れて持ち帰ったらウロコ、エラ、内臓、血合いをキレイに洗いましょう

3枚におろして刺身用の短冊に切ります

皮はそのままです

水気をふき取ってから全体にまんべんなく塩を振ります

これは塩焼きを作るときくらいの加減で良いです

f:id:usasan-isoturi:20190722220900j:plain


 

そしてキッチンペーパーに包みますが

安くて薄いペーパーだと、食べるときにペーパーが身にくっついて

全然取れなくて大変ですから厚みのあるものをオススメします

最後洗い流すのでその時に頑張って取るってんなら安物でも良いですが

その際は吸水も考えて2重に巻きましょうね〜

f:id:usasan-isoturi:20190722220921j:plain

キッチンペーパーのオススメはコチラ

 

ペーパーで包んだらラップにくるんで冷蔵庫です

広告

 

熟成魚を食べてみよう

まずは2日寝かせたものを食べてみましょう

ペーパーを剥がしたら塩を洗い流します

ペーパーが身にくっついた時は水で流しながら取りましょう

 

最後に水気を拭き取っていただきま〜す

 

味に深みがあって美味しいでしょ〜

さらに2日おいたものも食べてみましょ〜

深みが増してませんか?

旨味がハンパなくないですか?

 

f:id:usasan-isoturi:20190722220944j:plain

後はどこまで熟成させるかはお好みですが

腐敗に近づいてるのも把握しておいてくださいね

そのあたりは自己判断です

ダメだと思ったら潔く食べるのやめましょう

ゴメンナサイって言いながらポイです

 

熟成魚でタタキにしても美味しいですよ 

f:id:usasan-isoturi:20190722221017j:plain

 

慣れないうちは加減が難しいかもしれませんが

簡単なひと手間で美味しく

そして何よりたくさん釣れた時でも

無理して早く食べきらなくてもよくなるのはいいですよね

 

ハマチも熟成

 

f:id:usasan-isoturi:20190725155426j:plain

ハマチは6日間熟成させましたよ

血合いの部分は茶色く変色して臭みもでるので切り落としました

f:id:usasan-isoturi:20190725155305j:plain
 

いかがでしょう

画像ではわかりにくいですが

釣りたてはもう少し赤みがかって透明感がある身なのですが

熟成させると脂がほどよく身にまわって

全体的に白っぽくなってます

 これも絶品でしたよ~

 

いつものお刺身にひと手間かけた究極の味

一度お試しくださ~い(^_-)-☆